【セイレーンアズーロ】デマントイドガーネットネックレス

希少な宝石『デマントイドガーネット』を使ったネックレスのご紹介です!
ガーネットというと、「赤」の印象が強い方が多いと思います。
このデマントイドガーネットは、鮮やかなミントグリーンの色合いが美しい宝石です。
 
その鮮やかな緑色は、かつてロシアの宮廷ジュエリーとして、1875年頃からロシア革命によりロマノフ王朝が崩壊する1917年まで、王族や貴族の装飾品を彩っていました。
ロマノフ王朝が滅んだ後、デマントイドガーネットの採掘は途絶え、「幻の宝石」と呼ばれることに。
その後、鉱山の再開発とともに再びデマントイドガーネットが採掘されはじめました。
王族や貴族しか持つことが許されなかったという稀少性から、注目を集めています。
しかし、良質で鮮やかな緑色を放つデマントイドガーネットは極端に少なく、再び「幻の宝石」となる可能性が出てきています。
 
ダイヤモンドに匹敵するくらいの輝きを持ち、肌にあてたときの輝きが強く、インパクトがあります。
輝きのインパクトはありますが、グリーンの優しい色なのでお洋服にも合わせやすいネックレスです。
大きさも小ぶりで、さり気なく身に着けられるサイズ感です。
ぜひ、幻の宝石と呼ばれた輝きを店頭でご覧下さい!
 


お問い合わせはこちら

一覧に戻る

PAGE TOP