天然石ワイヤー交換 修理実例

中にワイヤーの通ったネックレス。

収納方法によっては、ワイヤーに痕がついてしまうことがあります。

今回お持ちいただいたネックレスもワイヤーに痕がついてしまい、くるくるになってしまいました・・・

 

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

元々使われていたワイヤーがかなり細く、それも痕がつきやすい原因のひとつだったようです。

今回は、少し太めの形状記憶のワイヤーを使って修理しました。

痕がつかないよう収納すれば、くるくるになる心配もありません!

 

 

ちなみに収納するときは・・・

 

小さく丸めたり、折って収納するのは痕がつく原因になります!

 

そのままの状態で、収納するのをおすすめします!

大きめの袋に入れるのも◎

ジュエリーメンテナンスに戻る

PAGE TOP