チェーン切れ等
ロウ付け修理

お子さまが引っ張ってしまったり、繊細なチェーンは慎重に扱っていても、
ふとした拍子に引っ掛けてしまうこともあります。
チェーン切れは、切れた場所によって注意するべき場所が変わってくる
繊細な修理です。
JIKODOに持ち込まれる「チェーンが切れてしまった」という修理は、
実はチェーンが切れているわけではなく、丸カンと呼ばれる部分が
外れてしまっただけということもあります。
店頭で確認させていただき、最善の方法で修理させていただきます。

【お預かり期間2~3週間  (※お急ぎの場合はご相談下さい)】

チェーン切れの原因①

引き輪やプレートとチェーンをつないでいる丸カンが外れてしまった。

印のチェーンとパーツをつないでいる丸カンとよばれるパーツが外れてしまったのが、原因でのチェーン切れ。
チェーン自体は切れていないので、丸カンを閉じ直しすることで、修理ができます。

細いチェーンは修理が難しいため、引っ張ったり力が加えられたときに、丸カンが開き、チェーンが切れるのを防ぐような作りになっているものもあります。
ご希望であれば、丸カンが開かないようにロウ付けを施すことも出来ます。

チェーン切れの原因②

チェーン自体が切れてしまった。

チェーンは大変繊細な作りになっています。
切れてしまった部分をつなぎ合わせる修理では、仕上がり後の状態など、お客様と確認させていただきながら修理を進めさせていただいております。

その他、チェーン以外のロウ付けの修理も承っております。
指輪が割れてしまったり、ピアスやペンダントトップの金具が取れてしまった修理など、無料でお見積りださせていただきます。

ジュエリーメンテナンスに戻る

PAGE TOP