宝石が取れた
石留め修理

宝石がついているジュエリーは使用しているうちに、様々な原因で宝石が緩んだり、取れてしまう事もあります。
気づかないうちに宝石が取れてなくなってしまうこともあるので、普段から手で触ってみてひっかかりや宝石が動かないかを確認してみて下さい。
気になるようであれば、店頭で確認させていただきますので、ご相談下さい。

『石がなくなっている場合』

石合わせをさせていただきます。
同じ種類の宝石をお探しすることもできます、同サイズの違う種類の宝石をお探しも可能ですので、ご相談下さい。
※色味や形等変わることもあります、その際、しっかりご案内させていただきます。

『爪折れ・すり減り』

ひっかけてしまい、爪が折れてしまうこともあります。
また、長い間使っていると摩擦によって地金がすり減ってしまうこともあります。
その際は爪を立て直したり、地金を足して、修理させていただきます。
末永く使っていただきたいので、最善の方法でご案内させていただきます。

ジュエリーメンテナンスに戻る

PAGE TOP