指から抜けなくなった
指輪切断

長い間指輪を外さずにいると関節が太くなったり、腫れてしまった際、うっ血して指から抜けなくなることがあります。
そうなる前に、気づいたときに外せるか確認したり、指から指輪を外してクリーニングをすることをおすすめします。
自分の力では外せなくなってしまった場合は、ご相談下さい。
JIKODOではそのまま外せるかどうか確認させていただき、それでも外せない場合には専用の工具を使い、切断します。
ご自身で外される際は、無理をせずプロにお任せ下さい。

《指輪を切断する》

指輪専用の工具以外で切断すると、指輪の断面が潰れてしまいます。
元通りの指輪のカタチに繋ぎ合わせる際、難しい修理になり、場合によっては修復できないものもあります。

※素材や製法によっては、サイズ直し等修理ができない場合がございます。
※サイズ直し代・修復代等は別途料金がかかります。

ジュエリーメンテナンスに戻る

PAGE TOP