サキホコル 銀線細工「稲鳳(いなほ)」VM03-LGI181-KJ

ムーブメント:自動巻 中三針(センターセコンド)
防水:日常生活防水 5気圧
文字盤:銀線細工(シャンパンゴールド コーティング)+ 下板(MOP(真珠母貝))
風防:デュアル球面サファイアガラス(無反射コーティング) (計サファイアガラス5枚)
ケース:K18イエローゴールド バンド:本ワニ革ストラップ(ネイビー)
ケースサイズ:横38×縦46.5×総厚14mm(ガラス含む)  重さ126g
Ref. VM03-LGI181-KJ ¥1,925,000(税込 10%)


「サキホコル」シリーズ 【稲鳳(いなほ)】 VM03-LGI181-KJ について

「時計で秋田を、日本を誇らしく思え、元気になれる作品づくり」を目指して、2021年3月からプロジェクトがスタート。ミナセの製造元社長やスタッフ、秋田で銀線細工の工房を立ち上げた女性職人さん達と何度も打ち合わせを重ね、11月に実物サンプルが完成。そしてついに2021年12月、正式に発表、ご予約開始となりました。

文字盤デザインとして様々な可能性のある中で、最初に世に出したと感じたのが「稲穂」の時計でした。ただ、時計しかも高級時計といわれる分野で果たしてこのモチーフが受け入れられるのか、どういう評価を受けるのかなど、不安がなかったといえば嘘になります。しかし、やはり秋田で生まれ育ったものとして、秋田の誇り、元気の源・・・それはやっぱりお米、稲穂だと。
来年本格デビューし、秋田の次世代を担うブランド米「サキホコレ」への応援も含め、秋田の伝統工芸と秋田産の本格的機械式時計ミナセをかけ合わせたJIKODOオリジナル腕時計を「サキホコル」(商標登録出願中)シリーズと命名しました。

文字盤の実物サンプルが仕上がり、一目見た時に稲穂のフォルムが伝説の不死鳥「鳳凰」に見えました。神々しく凛として、見ているだけで気持ちが上がるそんな時計が完成致しました。
特にこのK18製ケースのフラッグシップ(旗艦)モデルは、当店の看板モデルとしてはもちろん、秋田県に訪れた観光客の方々にも一目見ていただき、その神々しい姿から黄金の稲穂、黄金の鳳凰を感じていただければと思っております。

PAGE TOP