サキホコル 銀線細工「桜見月(さくらみづき)」VM07-LGIS01-SD

ムーブメント:自動巻 中三針(センターセコンド)
防水:日常生活防水 5気圧
文字盤:銀線細工(ロジウム コーティング)+ 下板(MOP(真珠母貝))
風防:サファイアガラス
ケース:ステンレススチール バンド:本ワニ革ストラップ(チェリーレッド)
ケースサイズ:横32mm×縦40.3mm×総厚11.6mm(ガラス含む)重さ:71g
Ref.VM07-LGIS01-SD  ¥677,600(税込)

「サキホコル」シリーズ 【桜見月(さくらみづき)® ~朝づき~】 VM07-LGIS01-SD について

JIKODOにおいて、秋田県産のミナセと秋田の伝統工芸である銀線細工を組み合わせた時計を作ろうとなった時、まず初めに悩んだのが文字盤のモチーフでした。秋田の四季を表すものであったり、県内各地域の風物詩的なものであったり…。

その中で、メンズサイズのモデルは「稲穂」に決め、ミッドサイズのモデルは女性向けに絞ることに致しました。


ところで、秋田県民にとってもっとも待ち望まれる季節といえば、やはり「春」ではないでしょうか。

そして、秋田県民のみならず日本国民が”咲き誇る”ことを楽しみにしている花といえば・・・

やはりここは日本人の心に咲く花にしよう、ということで桜に決めさせていただきました。


実は、私の母の故郷が桜で有名な秋田県仙北市角館だったことと、私が生まれ育った場所でもあり、時幸堂誕生の地の近くにも「千秋公園」という桜の名所があるのです。


かくしてモチーフは桜には決まったものの、色々な表現の仕方があり、絵で描くのと違い銀線細工で表現するとなると果たして一体どんな風に仕上がるのか・・・


ところが、今回製作いただいた桜のモチーフは私が思い描いていた桜そのもの、いえそれ以上の表現力で私を魅了しました。花びらそれぞれが「ハート型」で構成される愛らしさと、なんともいえぬ儚さも感じました。そして一番大事にしたと言ってもいいデザインの「間(ま)」の部分に、不思議な安心感というか癒やしを感じるのは私だけでしょうか。


\ JIKODOオーナーより一言 /
全体を俯瞰してみると下弦(かげん)の月に見えませんでしょうか。
下弦の月は、十三夜の次に縁起の良いお月さまと言われ、願い事をするのに良いタイミングだそうです。
時幸堂では、この記念すべき「サキホコル」シリーズのレディースモデルを日本人の心の花”桜”と、縁起の良い”下弦の月”に見立て、「桜見月(さくらみづき)」と名付けました。
命名には末永く愛されるデザインであり続けて欲しい、という願いが込められております。

購入はこちら

PAGE TOP