MINASE

「100年後も語り継がれる時計」を、という想いを込め専門の職人の手によって、一つ一つ秋田県南部の湯沢市皆瀬(みなせ)で作られる協和精工の「MINASE(ミナセ)」。
きれいな水と空気、緑豊かな自然に囲まれるその地は、時計づくりの聖地スイス・ジュウ渓谷に似ていると言われます。しかし、本場スイスでさえ忘れ去られようとしている、非常に手間暇のかかる金属部分の下地処理「ザラツ研磨」や、ユニット交換という現在の生産効率重視の流れに逆らう全パーツ交換・修理可能とする「MORE構造」を採用するなど、日本の職人ならでは技術力が特徴です。2018年4月、ついに非常に目利きの多いスイス・ジュネーブの高級時計専門店「ラ・メゾン・ド・オロジュリー」で取扱いがスタートし、秋田県産の腕時計が世界に羽ばたき始めています。

お問い合わせはこちら
ブランドオフィシャルページへ

世界が認めたミナセの研磨力!(ザラツ研磨について)

ミナセの代名詞ともいえる「ザラツ研磨」。

元々はスイスの往年の加工機材の名称から来ているのに、本場スイスでもごく一部の最高級クラスのブランドの看板モデルクラスのみに施される加工技術。
一般的なケースの研磨は、鍛造して切削したものをバフで磨いて完成となります。しかしバフで磨く前に下地処理としてザラツ研磨を施すことで、磨いた面は歪みが小さくなり、スカッとしたクリアで美しい鏡面加工ができるようになるのです。

残念ながらスイスの高級と言われるブランドレベルでも行われることがなくなってしまったのは、職人の技量によるところが大きいから。ザラツ研磨を使うとケースはきれいに仕上がりますが、優れた職人でないと逆に角が丸くなってしまうというリスクを負います。角が丸くなったケースは高級時計には向きません。しかし優れた職人であれば、ケースの面を整えるのと同時に、角を落とさずにザラツ研磨を施すことができるのです。残った角は2/100mm。手先の感覚だけで、部品との当たりを調整するのは、ミナセでもごく一部の職人にしかできない作業です。



ブランド一覧へ戻る

PAGE TOP