BALL ウォッチ 「エアロ GMTⅡ」

ボールウォッチの代名詞とも言うべき「マイクロ・ガスライト」システム。単純な明るさの比較では、他社の夜光塗料とは比較にならないほどの輝度と夜光時間を誇ります。現行のボールウォッチのすべてが、このマイクロ・ガスライトを文字盤のインデックスに採用。暗闇の中で長時間過ごして、いざ時計を見たい時に夜光が終わっている・・・ということがありません。そしてこのエアロGMTは、ついに文字盤だけでなく文字盤のフチ、つまり回転ベゼルにもマイクロ・ガスライトを採用することに成功!! 従来のモデルでは文字盤と回転ベゼルの発光時間のタイムラグや明度差がはっきりしていたものの、ようやくボールの目指す暗闇でも安全で確実な視認性を確保することに成功した記念のモデルです! そして今回、オールブラックベゼルタイプに加えこの赤×黒ベゼルが追加され選ぶ楽しみも増えました!!

スペック

自動巻 スイスCOSC認定クロノメーター GMT(第二時間帯表示機能)デイト表示
耐衝撃性(7,500Gs)耐磁性(4,800A/m)100m防水
反射防止処理済サファイアガラス 両方向回転式サファイアガラス・トップベゼル ねじ込み式リューズ
ステンレスブレスレット
ケースサイズ:ケース径 42mm × 厚さ 13.85mm
総重量:218g
¥367,200(税込8%)

ARNE JACOBSEN(アルネ・ヤコブセン)  TABLE CLOCK(テーブルクロック) LK 限定カラー

アルネ・ヤコブセンの名前は知らなくても、世界で最も有名なチェアの一つと言われる「セブンチェア」や「エッグチェア」をご存知の方は多いのでは。日本で大人気の北欧デザイン家具。デンマーク出身のアルネ・ヤコブセンは、その北欧デザインの大御所と言っていい存在です。でも、実は私がこのテーブルクロック(めざまし時計)シリーズに一目惚れしたのは全体のデザインバランスはもちろんのこと、特にバックビュー後ろ姿、そしてめざまし音でした。見てのとおり、デザインのバランスはさすが秀逸。限定、レギュラーすべてのモデルに共通する、プラスチックケースに可愛く突き出た”足”。なんとなくセブンチェアの足を彷彿とさせます。曲がり具合・・・堪りません。

そして、バックビュー。これはもう日本の大手時計メーカーでは望むべくもないほどのシンプルさです。ユンハンスの腕時計マックス・ビルの風防、私も持っていたiPhone3GSのバックケースのシンプルさ、カーブ具合と通じるんですよね。ナデナデしたくなるのは私だけでないはず。

それと、注目して欲しい”音”について。そう、めざまし時計にとってベルの音はとっても大事です。そうなんです!このめざまし”ベル”音なんです。昔ながらの懐かしい時計上部にベルが付いていたような、あるいは黒電話のようなそんな音が鳴ります。「え?これベル内蔵してるんですよね?」というくらいリアルなベル音が、ステップアップ式に大きくなっていきます。この徐々に大きくなるのも私好みです。鳴ってからパッと止めるまでの時間が短い方が、なんかエライというかよく起きたな!感があるのは私だけ??

そして、こんなシンプル北欧デザイン時計なのに便利なスヌーズ機能も付いてます。やり方はカンタン。時計のヘッド部分をやさしくタッチするだけ。しかも、暗い中で嬉しいタッチして数秒間LEDライトが付きます。

とまあ、店頭でお話するネタ(?)すべてお話してしまいました。こんなに語れるテーブルクロック(めざまし時計)シリーズって他にないかもしれない、そんなアルネ・ヤコブセンのLKモデル初の限定カラー。JIKODO入荷は今のところ2点のみ。(ちなみに昨年の「ステーション」限定モデル(グレー)は完売)1960年に建設されたデンマークのアイコン的なホテル「Radisson Blu Royal Hotel」に当時のデザインのまま残されているスウィートルーム606号室を彷彿とさせる特別なカラーとなっております。お部屋のアクセントに、お友達へのプレゼントに喜ばれますョ。

スペック

ムーブメント:クォーツ
ケース素材:プラスティック(ABS樹脂)
スタンド素材:ステンレススチール
機能:LED灯・アラーム機能搭載
サイズ:直径110mm / 高さ:120mm(スタンド込み)/ 厚さ60mm
重さ:約265g
正規保証:1年
付属品:正規保証書/専用ケース

¥17,280(税込8%)

※ご確認下さい※
電池をお使いいただく際に「充電式(1.2V)」では、電圧不足のため不具合が生じる場合がございます。
市販されております乾電池をご使用下さい。

Lazare Diamond(ラザールダイヤモンド) Meteor(ミーティア)

大切な彼女に、「エンゲージリング(婚約指輪)は、買わなくていいからね。だって、もらっても着ける機会ないから。」と言われた結婚を控えた男性諸氏の方々。
それって、プレゼントする気満々だった方からすると、ショックというかやるせない気持ちになりますよね。
そんな方へ、この一本を持っていると、とっても便利でお出かけが楽しくなるペンダント・ネックレスをご紹介します。リングより普段から身に着けやすく、様々な服装や体型の方にコーディネートできるスグレモノがこちら。

それは、“世界で最も美しいダイヤモンド”と名乗ることのできる唯一のダイヤモンドカットメーカー「ラザールダイヤモンド」の可変式プチネックレス「ミーティア」。
ミーティアとは英語で“Meteor”=流れ星のこと。
フランスやイタリアなど世界の名だたるブランドで使用されるK18ホワイトゴールド製のペンダントトップには、7つものダイヤモンドが星座のように配置されています。写真のように全体が一つに見えるようなセッティングもできれば、先端を“流れ星”のように引き伸ばして自由にデザインを可変させることができます。まさに一粒で二度どころか、三度も四度も楽しめてしまうJIKODOオリジナルデザインのプチネックレスなのです。チェーンの方も、同様にK18ホワイトゴールドを採用。エンゲージリングの代わりに贈るにふさわしい本物のジュエリーです。(2本限定発売)

スペック

K18ホワイトゴールド製 ダイヤモンドプチネックレス
素材:ペンダントトップ/K18ホワイトゴールド、チェーン/K18ホワイトゴールド、ダイヤモンド トータル0.45ct(ペンダントトップ本体5石、チャーム2石 計7石)
特徴:チャームの長さはトップと密着状態からフリーで長さ調整可 チェーン長44cmでフリーアジャスター付き 服装や首周りに合わせて自由に長さ調整可

¥334,800(税込8%)

MINASE(ミナセ) FIVEWINDOWS(ファイブウィンドウズ)

ミナセの腕時計を代表するモデルが、このファイブウィンドウズ。名前の由来は読んで字のごとく。通常腕時計では1枚ないし2枚のガラスをケースに使用し、時間を知り、中の機械(ムーブメント)を見ることができます。しかしこの時計は、側面に施された3枚・・・都合合計5枚のガラス面からも時計内部の構造が見ることができるのです。
何人もの職人の中で、たった2名のベテラン職人しか担当できない「ザラツ研磨」。そのうちの1名は26年のキャリアがあるとのこと。そのベテランでも一つのミナセを仕上げるのに約5時間かかるそう。月産で50個しかミナセが作り出せないのには訳がありました。独自のケースインケース(二重ケース)構造のため、ガラス面から見たファイブウィンドウズは、まるで宙に浮いているような独特の見え方をするのです。
腕時計って、自分以外の人から見られる時って真正面より横側だったりするんですよね。他人の時計見る時って、袖口からチラッと見える部分だったりしませんか?

スペック

自動巻式 3針センターセコンド デイト表示
5気圧日常生活防水
デュアル球面サファイアガラス(無反射コーティング)
裏面・側面サファイアガラス(合計5枚のガラス面)
ステンレスブレスレット MORE構造
ケースサイズ:横38×縦46.5×厚さ 14mm(ガラス含む)
総重量:160g
¥496,800(税込8%)

ホームに戻る

PAGE TOP